鉄コレ改造 701系100番台 仙台色タイプ 塗装編。

みなさま、こんばんわ。

盛岡色の次は仙台色を作ります(名称は仙台色でいいんですかね?それとも東北色?)

鉄コレでも仙台色はありますが、鉄コレのは1500番台がプロトタイプなので、仕様違いということで100番台を作ります。

車体の加工ですが、盛岡色や秋田色と同じなので割愛し、塗装からです。

イメージ 1
サーフェーサーを吹いて、まずお顔の帯の緑15号(埼京線の緑)を吹きます。

イメージ 2
帯をマスキングします。

イメージ 3
次にクレオス・灰色9号を吹きます。

イメージ 4
そして、ガイア・ライトステンレスシルバーを吹きます。

イメージ 5
マスキングテープを剥がしました。

イメージ 6
次に貫通ドアと乗務員室をガイア・ダークステンレスシルバーを吹きます。

イメージ 7
車体側面のワンマン表示器を黒で塗装します。

イメージ 8
塗装が出来て、手すり、テールライトを取り付けます。

さて、側面の帯ですが、今回はさすがに塗装では出来ません。

なので、今回は数社から鉄コレが発売されたと同時に帯インレタが発売されましたが、私が使用したのは、

イメージ 9
くろま屋さんのインレタです。

くろま屋さんから仙台の701系の車番や標記のインレタも発売されているので、一緒に購入しました。

イメージ 10
帯の転写は短冊状にカットして車体に転写してからドアなど不要な部分を除去します。

イメージ 11
正面の窓ガラスは窓した部分をカットして窓の黒い部分を塗装してから、インレタを転写します。

と、いうことで、次は完成の予定です。

では、また。