HO オハ25-500ロビーカーを作る その1

みなさま、こんばんわ。

HOの製作再開です。

まず、うちにある北斗星客車を買い足すのに、先月発売された北斗星客車シリーズと改造タネ車を購入しました。

写真にはないですが、Assyパーツでオハネフ25-200の車体も購入しています(床下一式が余っていたオハネフ25-200と組み合わせました)

で、まず、作りたい編成ですが、

説明書にも書いてありますが、北斗星は2往復時代の東日本編成で、エルムは解放B寝台を集めた編成です。

この書いてある編成も、ツッコミどころ満載で、オハネフ25だって200番台が3両入っているって、たぶんないだろうと。増結用のオハネフ25-0も入れれば(厳密には車体は北海道のオハネフなんで、ちゃんとした東日本のオハネフとは言い難い)編成に変化が出て面白いだろうと。ただ新品の市場在庫が皆無なので、その点を考慮したのでは?と、思います。

さらに、オハネ25だって0番台だけってってことはなかったはず。必ず100番台も混ざっていたが、製品にないので、仕方がない。

なので、私は作ります(上の写真の中に2両入ってます)

そして、最後は北斗星ですが、

赤い線を引きましたが「代用」ってダメでしょう(製品化されてないので仕方がない)

こんな編成を走らせたら、みっともない・・・。

なので、作ることにしました。

タネ車は今回発売されたオハネ25-0

ロビーカーのロゴですが、

くろま屋さんのインレタを使います。

金帯もインレタを転写します。

では、加工です。

元寝台側は左側の窓3つと洗面所の窓とその点検フタと戸締め合図灯の穴を埋めました。

元通路側は両端の小さい窓と戸締め合図灯の穴を埋めました。

続いて窓を埋めてきれい仕上げたいところですが、すぐに削ってしまうと、たぶんスキマを埋めたところにヒケが発生してしまうので、このまましばらく放置して、その間は他の加工を進めたいと思います。

今日は、ここまで。

では、また。

Nゲージ EF64-67号機 完成!

みなさま、こんばんわ。

やっとの思いで、完成しました。

いつものように走行重視なので、細密加工はしていません。

ヘッドライトは電球色LEDに交換しています。

と、いうことで、やっとのことで完成しました。

Nゲージのインレタ転写と手すりの取り付けは、もう目が辛くなりました(ルーペで見ないと見えない・・・)

なので、もうNゲージの加工はやりたくないです(たのまれてもやりません)

次はやっとHOの加工です。

では、また。

Nゲージ EF64-67号機 その2

みなさま、こんばんわ。

車体の塗装です。

サーフェーサーを吹いて屋根に、ねずみ1号を吹いてマスキング。

貫通ドア、乗務員室ドアにカラシ色を吹いてマスキング。

クレオス・スカイブルーを吹いてマスキング。

車体下部の帯は0.6ミリ幅に切り出しました。

ガイア・アルティメットホワイトを吹いてから同・白を吹きました。

マスキングを剥がしました。

結構、吹込みがあるので、修正して次はナンバープレートの取り付けとインレタの転写になります。

今日は、ここまで。

では、また。

Nゲージ EF64-67号機 その1

みなさま、こんばんわ。

次はEF64-67号機を作ります。

タネ車はカトーのEF64-0後期型。

では、加工内容です。

手すり等は銀河のパーツを取り付けます。クレーンフックはRLFのパーツ。スカートのエアホースは銀河のパーツです。

エアホースは67号機の最後は伯備線で走っていたので、片側1本の仕様です。

次は塗装になります。

では、また。

 

Nゲージ EF81-135号機と404号機(富山仕様)完成!

みなさま、こんばんわ。

やっとの思いで、完成しました。

まずは、404号機を。

次に135号機。

135号機は台車をグレーの仕様にしました。

あとは、以前製作した時と同じです。

ヘッドライトは電球色LEDに交換しました。

と、いうことで、久しぶりにNゲージの機関車を作りました。

細かいものばかりで、目が辛かったです。

北陸線で走っていた頃が懐かしいです。

では、また。

Nゲージ EF81-135号機と404号機(富山仕様)その2

みなさま、こんばんわ。

車体の塗装です。

屋根にねずみ1号を吹きました。

屋根をマスキング。

車体側面にガイア・サーフェーサー白を吹いてからガイア・白を吹いて、帯の部分を0.5ミリ幅にカットしたテープを貼りマスキング。

次にローズピンクを吹きますが、使った塗料は、

今は亡き、モリタの赤13号。

たしか、まだあると思い、探したら引き出しの奥に転がってました。

モリタの塗料、たしかトレジャータウンから何色かは発売されていると思いましたが、ローピンはないはず。

このモリタの塗料、吹き心地がよくて好きだったんですけどね。

マスキング完了。

ローピンを吹いてから飾り帯にクレオス・銀を吹きました。

マスキングテープを剥がして塗装完了。

この後、手すりを取り付け、インレタを転写します。

今日は、ここまで。

では、また。

Nゲージ EF81-135号機と404号機(富山仕様)その1

みなさま、こんばんわ。

Nの工作が続きます。

次は富山のEF81を作ります。

かれこれ5年以上放置していたトミックスのEF81を、いい加減どうにかしたく、作り始めました。

まず、車体の加工をしました。

右は404号機になります。

ベースは400番台(以前400番台重連仕様が発売されていた動力付き)

左は135号機になります。

松任で更新された仕様にします。

車体はエルムセットに入っている上越線仕様の車体。

加工は銀河モデル、BONAのパーツを取り付け。

バランサー点検蓋はBONAのパーツです。

屋根はクレーンフックを取り付けました。

次はスカートです。

右は404号機のスカートです。

本来は400番台専用のスカートがあるのですが、多分、他で改造に使ったのか、なかったので、普通のEF81のスカートから加工しました。

左は135号機のです。

共に、銀河のエアホースとBONAのステップを追加しました。

次は塗装になります。

では、また。